Wednesday, October 24, 2012

女性と男性のスピーチスタイル




           日本で男性と女性の話し方は時々違います。特にくだけた話し方に違いが見られます。女性のスピーチスタイルはやさしくて、可愛い音があります。よくぶんまつでNWを使います。例えば、「お腹がすいきました」の代わりに「お腹がすいたあ」と言います。「行きますよ」の代わりに「行くよ」と言います。また、「どこへ行っているんですか」の代わりに「どこ行ってる?」と言います。くだけた話し方だから、「へ」と「いる」の「い」もありません。言葉だけじゃなくて、イントネーションも違います。例えば、女性はうわじょうしの声を使います。時々恋人や好きな人と話している時ぶりっ子話な話し方を使います。ぶりっ子と言うのは可愛く見せるための話し方です。あどけなくなるために、ぶりっ子を使います。でも、一部の人はぶりっ子がきらいです。年上の女性がぶりっ子になるのは子供っぽいと思います。私は女性の話し方が可愛いと思いますが、あまり使いません。ふつう、「なあ」だけを使います。例えば、「勉強したくないなあ」や「お腹がすいたなあ」とよく言います。

このビデオはカードキャプターさくらと言うアニメです。ともよちゃんはぶんまつで「わ」をよく使います。また、さくらちゃんはぶんまつで「の」や「なあ」などをよく使います。
               男性のスピーチスタイルはクールで男っぽい音があります。ぶっきらぼうで荒々しいと思います。よくぶんまつでDZを使います。例えば、「あるんだぜ」は「あるんです」と言うことです。「行く」は「行きます」や「行こう」と言うことです。それも、あらいEも使って言葉が短くなります。例は、「書いてくれ」は「書いてくれませんか」や「書いて下さい」と言うことです。男性の話し方で「そうじゃね」と「そうじゃない」は同じ意味があります。私は男性の話し方がちょっとしつれいな音があると思いますが、またその音が好きです。
このビデオはソウルイーターと言うアニメです。ソウルくんとブラックスターは「だ」や「ぜ」などをよく使います。ソウルくんは「クールじゃね」と言います。キッドくんは「くれ」や「ぞ」と言います。また、面白いことがあります。女性だけれど、マカちゃんとリズちゃんは時々男性のはなしかたを使います。マカちゃんは女性の「の」や「なあ」を使いますが、男性の「ぜ」矢「ぞ」も使います。
               男性後には女性語と比べて、代名詞が違う言葉があります。「私」と「あなた」は男性と女性の言葉ですが、「ぼく」と「きみ」は男性の言葉だけです。けれども、時々最近の女性も男性の話し方を使います。特に学校で「私」の代わりに「ぼく」を話します。学校で学生が「ぼく」を使うとけんそんの意味になります。だから、最近わかい女性が男性の話し方を使うことはふつうになっています。それは、わかもの言葉と言います。
           そして、女性が男性の話し方を使いますが、男性は女性の話し方をあまり使いません。英語と少し同じだと思います。人々にとって、英語で男性が女性の話し方を使ったら、変な人みたいです。人々れてせんしょそのアイディアが代わると思います。

私が気がついたことは性別が分かっても、「あなた」の代わりに「きみ」を使えます。でも、立場上の人立場の人に使えますが、上の人に使えません。しつれいです
性別がわかっても、このサイトで「きみ」を使っています。

No comments:

Post a Comment

Post a Comment